読み込み中...
投資家のハンドブック:債券価格設定とその影響の理解
9ヶ月前前 によって Oliver van der Linden

債券市場の価格設定の基礎をマスターする

債券市場の価格設定の複雑な世界を理解することは難しく思えるかもしれませんが、そうである必要はありません。正しいアプローチと基本的な知識を持つことで、この複雑な金融の世界を航海することは管理可能で興味深いものになります。この包括的なガイドでは、債券価格設定の基本原則に深く入り込み、さまざまな種類の債券とそれらのベンチマークを説明し、期待リターンと利回りスプレッドを計算するためのツールを解説します。

債券の期待リターンを解読する

債券の期待リターンを推定する際には、利回りが重要な指標となります。理解する必要がある2つの主要な利回り指標があります:償還利回りとスポット利回りです。償還利回りは、債券のキャッシュフローと累積利息を現在価格と一致させる利率です。この計算では、債券を満期まで保有し、すべてのキャッシュフローを償還利回りで再投資できると仮定しています。

スポット利回りは、ゼロクーポン債券の現在価値を価格と一致させる利率を特定することによって計算されます。クーポンを支払う債券の場合、各キャッシュフローは適切なスポット利回りを使用して割引し、価格を求めます。スポット利回りは、特定の種類の債券の相対的な価値の比較において相対価値の基準となります。

債券のベンチマークの解読

ほとんどの債券はベンチマークに対して価格が設定され、ベンチマークの選択は債券の分類によって異なります。一般的なベンチマークには、米国国債の中で最も流通している債券が含まれます。多くの債券は特定の国債に対して相対的な価格が設定されます。たとえば、10年間の企業債券は、最も流通している10年国債に対して相対的な価格が設定されます。

コールオプションやプットオプションを備えた債券の場合、正確な満期が不確定なため、ベンチマーク曲線に対して価格が設定されることがあります。ベンチマーク価格曲線は、異なる満期を持つ基礎となる証券を使用して構築されます。このプロセスでは、満期のギャップによる観測される利回りの間で利回りを補間します。

債券の利回りスプレッドの理解

スプレッドは、債券の利回りをベンチマークに対しての相対的な値として示す価格メカニズムであり、相対的な価値の比較ツールとしても機能します。たとえば、10年国債に対して75ベーシスポイントのスプレッドで取引されている企業債券は、償還利回りが最も流通している10年国債の利回りよりも0.75%高いことを意味します。

念頭に置いておくべき主要な利回りスプレッドの計算方法は、名目利回りスプレッド、ゼロボラティリティスプレッド(Zスプレッド)、オプション調整スプレッド(OAS)、ディスカウントマージン(DM)の4つです。

異なる種類の債券とそれらのベンチマークスプレッド計算の理解

異なる種類の債券には、異なるベンチマークと価格設定メカニズムがあります:

ハイイールド債

これらは通常、特定の米国国債に対する名目利回りスプレッドで価格設定されます。ただし、債券の信用格付けが悪化すると、実際のドル価格で取引されることがあります。

企業債

これらは通常、満期に合わせた特定の最新の米国国債に対する名目利回りスプレッドで価格設定されます。

住宅ローン担保証券(MBS)

これらは、米国国債補間利回り曲線に対する重み付き平均寿命で名目利回りスプレッドで価格設定されます。ただし、調整可能利子MBSや担保証券化住宅ローン債券(CMO)の価格設定は異なり、Zスプレッドや特定の国債に対する名目利回りスプレッドで取引される場合があります。

資産担保証券(ABS)

これらは一般的にスワップカーブに対する重み付き平均寿命で名目利回りスプレッドで取引されます。

政府機関

これらは通常、特定の国債に対する名目利回りスプレッドで取引されます。コールオプション付きの政府機関はOASを使用して評価される場合があります。

自治体債

税制上の優遇措置により、これらの債券は通常、満期利回りまたはドル価格で取引されます。ただし、ベンチマーク国債利回りに対する比率としての利回りは、相対的な価値の指標として機能する場合があります。

担保証券化債務証券(CDO)

CDOにはさまざまな価格設定のベンチマークと利回り指標があります。ベンチマークとしてユーロドル曲線を使用する場合や、フローティングレート債務層にディスカウントマージンを使用する場合があります。

まとめ

債券市場の価格設定規則は最初は複雑に思えるかもしれませんが、基本を理解することでより明確で魅力的になります。債券価格設定の基本的な概念をマスターすること - 価格設定のベンチマークの特定、スプレッドの決定、利回りの計算の理解 - は、この複雑な市場を容易に自信を持って航海するためのツールを提供します。各種類の債券には独自の価格設定メカニズムがあるため、それぞれを学ぶために時間をかけることは非常に貴重です。

これらの基本を備えることで、債券市場の探索は脅威ではなく、本当に魅力的な金融の旅となります。投資をお楽しみください!


  • この記事をシェア
Oliver van der Linden
Oliver van der Linden
著者

オリバー・ヴァン・デル・リンデンは、15年以上の豊富な経験を持つ金融戦略家であり、思想リーダーです。彼は取引、テクニカル分析、経済トレンドの解釈において印象的な実績を持っています。ディテールへの鋭い洞察力と分析的な思考スタイルが、変動の激しい金融の世界で彼を優位に立たせています。オリバーのインベストラへの記事は、常に実践的な助言と洞察に富んでいます。余暇の時間には、オリバーはチェスに興じており、ゲームを金融市場を航海するための戦略的なエクササイズと見なしています。


関連記事を探す