読み込み中...
8580億ドルの軍事予算NDAA 2023の解説
9ヶ月前前 によって Victoria Ivanova

2023年度国防権限法(NDAA)解説:資金はどこに使われているのか

毎年新記録を打ち立てる軍事支出において、私たちの税金がどこに使われているのかを理解することは重要です。2023年度国防権限法(NDAA)は、印象的な両党の合意を背景に、8580億ドルもの国防支出を承認しています。しかし、この巨大な3,854ページの文書については、結論を出す前に細部を理解する必要があります。この記事では、その割り当てとその影響を詳細に解説します。

2023年の防衛予算概要

一般的な認識とは異なり、NDAAは財政上の割り当てではなく、特定の防衛支出の承認を意味します。資金の実際の配分は、議会の責任として総合歳出法の一部として行われます。したがって、NDAAは資金を支給するものではありません。

NDAAの驚くべき点は、一貫した両党からの承認であり、それは国家安全保障上の重要性の証です。今年はNDAAの62回目の承認となり、ジェームズ・M・インホフ国防権限法(2023年度)と名付けられました。NDAAは8579億ドルを割り当てており、そのうち8473億ドルはNDAAの予算であり、さらに106億ドルが他の資金活動に充てられます。

この2023年度の予算割り当ては、従来の兵器や人員の枠を超えて、国家防衛機構の多岐にわたる側面に影響を与えるものです。承認された予算は、最先端の防衛技術への投資や軍事インフラの強化など、包括的な戦略的方向性を示しています。予算割り当ての増加は、軍事建設のインフレへの対応と未計上の要件の緩和を目指しています。重点は軍隊の攻撃能力を向上させるだけでなく、潜在的な脅威に対する国家防衛枠を強化することにもあります。

NDAA資金の配分と割り当て

巨大なNDAA文書は9つの異なる部門に分かれており、それぞれが特定の防衛支出と国家安全保障に焦点を当てています。各部門の概要を簡単に説明します:

  • A部門—国防総省(DOD)の権限:このセクションでは、DODの調達に関する基本ルールが定められ、軍に8167億ドルが割り当てられます。軍事従事者とDODの民間職員には4.6%の厚遇給与アップが含まれており、軍人の住宅手当には2%のアップが行われます。さらに、新しい戦闘装備に1600億ドルが充てられます。注目すべき点として、軍のCOVID-19ワクチンの義務付けが取り消されることが挙げられます。
  • B部門—軍事建設認可:このセクションでは、軍事建設からグアムとシリアのインフラ開発まで、建設プロジェクトに資金を提供します。
  • C部門—エネルギー省(DOE)の国家安全保障権限およびその他の権限:このセクションでは、国家原子力安全保障局(NNSA)、DOEの国防環境浄化活動、およびその他の国防関連活動のための資金を計上します。
  • D部門—資金表:この部分では、全ての部門間でどのように資金が割り当てられるかが明示されています。
  • E部門—国防省以外の事項:この部門では、第二次世界大戦の看護師から退役軍人の施設の改善まで、退役軍人プログラムと関連する活動に資金を供給します。
  • F部門—その他の事項:この部分はより広範な焦点を持ち、ウクライナ安全援助イニシアティブ(USAI)、台湾への武器販売の資金提供、およびグアムの中国に対する潜在的な防衛支援に対処します。
  • G部門—ドン・ヤング沿岸警備隊権限法(2022年):この部門は、沿岸警備隊の必要に対して資金を承認し、兵力の配分からインフラの開発とカッターの取得までを支援します。
  • H部門—財務透明化:この部門はデータ収集基準の採用と紙ベースの書類のデジタルプラットフォームへの移行を扱い、全体的な財務セキュリティを目指します。
  • I部門—公共土地:この最終部門は、西部アメリカの野生地域指定の拡大が軍の戦闘態勢に及ぼす影響に関する調査のための資金を承認します。

国防総省の活動に直接資金を供給することに加えて、NDAAの資金は非軍事の領域にも流れ込んでいます。戦術的に投資されたこれらの資金は、アメリカの軍隊の準備と福祉を支え、国内外での国防姿勢を強化します。予算の一部は潜在的な緊急事態や予期せぬ戦略的展開に備えられています。また、軍の運用準備を確保するために必要なアップグレードや保守のために予算が割り当てられています。

軍事司法制度の改革

2023年度国防権限法(NDAA)は、前年のNDAAの軍事司法制度改革を改定し、特別裁判会計事務局により多くの権限を付与し、司法職務を適切な組織に移譲します。

2023年度NDAAでは、軍事司法制度の進化が注目されます。前年のNDAAで導入された改革に基づいて新たな改革を積極的に取り入れ、軍の法廷が変化する現実に適応することを確保しています。提案された変更は、審理手続きに影響するだけでなく、過去の軍法会議の判決と運用を見直す範囲を広げます。これらの改正は、軍事司法制度をより透明で公平、正義あるものとすることを目指しています。

NDAA資金の目的と影響

NDAAは米軍に計画し実行するための法的な基盤を提供します。この重要な立法ツールは、両党の支持を背景に、米軍が世界の舞台で強力な軍隊として存在し、将来の課題に立ち向かう準備が整えられることを確保します。

NDAA資金の承認は、国防の準備が整っていることを国に保証します。これは軍隊が任務遂行に必要なリソースだけでなく、軍の全体的な福祉にも焦点を当てています。資金は改良された訓練や洗練された装備、充実したリソースを可能にし、米軍が国益を有効に防衛する力を持つことを支援します。したがって、NDAA資金は国の軍事力と戦略的優位性を維持する上で重要な要素となっています。

NDAAは年々圧倒的な両党の支持を受けており、国益の確保におけるその重要性が広く認識されています。これは単なる権限承認以上の意味を持ち、政治的な違いが集団的な国家安全保障の利益に適応する稀有な共通の基盤を示しています。さらに、NDAAはしばしば他の関連立法のプラットフォームとなり、その人気を活用して政治的な膠着状態を乗り越え、防衛以外のさまざまな問題に貢献しています。

2023年度国防権限法は、米軍と関連組織に対し、毎年の財政計画のための設計図を提供する重要な立法文書です。NDAA自体は資金を提供するものではなく、特定の防衛支出を承認することで、軍の予算立案プロセスの指針を示しています。NDAAの構成要素と割り当てを理解することは、より広範なアメリカの軍事と防衛戦略を把握するために欠かせません。


  • この記事をシェア
Victoria Ivanova
Victoria Ivanova
著者

ヴィクトリア・イワノヴァは、ETF、株式取引、基本分析を専門とする経験豊富な金融専門家であり、多年にわたりインベストラの読者の指針となってきました。複雑な金融市場を航海する10年の経験を持つヴィクトリアの洞察は実践的かつ洞察に富み、読者に独自の視点を提供しています。ファイナンスの世界以外では、ヴィクトリアは天文学を楽しんでおり、広大な宇宙と金融市場の機会の類似性をしばしば見出しています。


関連記事を探す