読み込み中...
異常なリターンを航海する投資家のガイド
11ヶ月前前 によって Oliver van der Linden

投資における異常なリターン:その謎を解明する

投資の世界では、異常なリターンの概念はしばしば興味を引き、議論を巻き起こします。これらのリターンは、資産の予想パフォーマンスから逸脱し、投資家のポケットに驚くべき利益をもたらすか、逆に予想外の損失をもたらす可能性があります。この記事では、異常なリターンの包括的な探求を行い、その定義、原因、具体的な例について深く掘り下げます。金融用語の迷宮を解きほぐす興味深いトピックを分析しながら、投資のこのよく誤解される側面についての理解と適用を向上させることを目指しています。

異常なリターンの解明:詳細に見ていく

異常なリターンとは、一定期間における投資の実際のリターンと予想リターンとの差異を指します。この差異は、価格モデルに基づく資産のリスク調整リターン、長期的な平均パフォーマンス、または複数の評価手法によって引き起こされることがよくあります。

異常なリターンと「アルファ」の間には、期待されるパフォーマンスからの逸脱に関わる純利益(または損失)という共通点がありますが、同じものを表しているわけではありません。異常なリターンは、異常を反映する場合があり、詐欺や操作的な活動を示す可能性があります。一方で、アルファは、アクティブなポートフォリオ管理によって追加された価値(または損失)を表します。

異常なリターンの解読:何、なぜ、どのように

異常なリターンの真の本質は、特定の証券やポートフォリオのリスク調整パフォーマンスを、市場全体またはベンチマーク指数と比較することで明らかになります。この洞察により、投資家はリスク調整基準に基づいてポートフォリオマネージャーのスキルを測定し、リスクを適切に補償したかどうかを判断することができます。

異常なリターンは、実際のリターンが予想リターンを上回るか下回るかによって、恩恵または災厄となります。例えば、予想年間平均10%の相互ファンドが30%を生み出す場合、正の異常リターンは20%です。逆に、同じファンドがわずか5%を返す場合、負の異常リターンは5%となります。

異常なリターンは、実現リターンと予想リターンの差異であり、正のまたは負のいずれかに振れることに留意してください。

累積異常リターン(CAR):すべてを加算

累積異常リターン(CAR)は、指定期間にわたるすべての異常なリターンを累積することで、包括的な情報を提供します。通常、計算ウィンドウは比較的短く、通常は数日であり、日々の異常なリターンの複利効果によって導入されるバイアスの可能性を考慮しています。

CARは、訴訟や買収などのイベントが株価に与える影響を評価する際に重要な役割を果たします。また、予測されるパフォーマンスを予測する資産価格モデルの精度を評価するための信頼性のあるツールとしても機能します。

キャピタル・アセット・プライシング・モデル(CAPM)は、証券やポートフォリオの期待リターンを推定するための一般的なフレームワークであり、無リスク金利、ベータ、および期待市場リターンを考慮に入れます。期待リターンの計算後、異常リターンの推定値は、実現リターンからこの期待リターンを差し引くことで導かれます。

異常なリターンにスポットライトを当てる:現実の例

異常なリターンをより明確に理解するために、2つの例を見てみましょう。

最初のシナリオでは、投資家のポートフォリオがベンチマーク指数に対してベータ値1.25で25%のリターンをもたらします。無リスク金利は2%で、ベンチマーク指数の期待リターンは15%です。リスクレベルを考慮すると、ポートフォリオのリターンは18.25%になるはずです。したがって、その年の異常リターンは正の6.75%です。

次に、株式ABCを考えてみましょう。ベータ値は2で、ベンチマークに対するリターンは9%です。無リスク金利は5%で、指数の期待リターンは12%です。CAPMに基づくと、株式のリターンは19%になるはずです。したがって、ABCは異常なリターンが-10%で、パフォーマンスが劣っています。

異常なリターンは、期待される投資パフォーマンスからの逸脱を提供し、投資の世界における興味深い洞察を提供します。風fallの利益や予想外の損失であれ、異常なリターンを理解することで、投資家はより深い洞察力を身につけ、情報に基づいた投資の決定を行うことができます。定義、トリガー、および例を備えたこの異常なリターンの探求は、投資の複雑な側面を理解するための信頼性のあるガイドとして役立ちます。


  • この記事をシェア
Oliver van der Linden
Oliver van der Linden
著者

オリバー・ヴァン・デル・リンデンは、15年以上の豊富な経験を持つ金融戦略家であり、思想リーダーです。彼は取引、テクニカル分析、経済トレンドの解釈において印象的な実績を持っています。ディテールへの鋭い洞察力と分析的な思考スタイルが、変動の激しい金融の世界で彼を優位に立たせています。オリバーのインベストラへの記事は、常に実践的な助言と洞察に富んでいます。余暇の時間には、オリバーはチェスに興じており、ゲームを金融市場を航海するための戦略的なエクササイズと見なしています。


関連記事を探す