読み込み中...
固定収益証券の解読:投資家が知るべきこと
9ヶ月前前 によって Victoria Ivanova

固定収益証券の理解:完全な概要

投資機会の広大な宇宙の中で、固定収益証券は着実な存在として、よく分散されたポートフォリオの基盤とされることがあります。この記事では、固定収益証券の世界について探求し、その種類、利点、リスク、および実践的な活用方法を詳しく解説します。これにより、あなたの金融目標に合わせた適切な判断ができるようになります。

固定収益証券

固定収益証券は、投資家が法人や政府機関に対して提供する貸付です。これらの投資は、定期的な利息支払いを通じて一定の収益を確保し、満期時に元本としての返済が行われます。その中でも最も一般的な金融商品は債券です。

債券は、事業や運営資金の調達のために企業や政府が利用する正式な契約です。さまざまな形式で提供され、満期期間や額面価格が異なります。たとえば、これらの債券はしばしば主要取引所で取引され、額面価格は1,000ドルとなることがよくあります。

舞台裏:信用格付けの役割

債券への投資において重要な要素は、発行体の信用格付けを理解することです。信用格付け機関は、発行体の財務的な強さや貸付の返済確率を客観的に評価し、投資リスクを理解するのに役立つ格付けを割り当てます。

投資家は、投資適格債券と非投資適格債券の2つの大きなカテゴリに出くわすことになります。投資適格債券は財務的に強固な企業から発行され、デフォルトリスクが最小限であり、より低い利率で取引されます。逆に、非投資適格債券またはハイイールド債券はデフォルトリスクが高く、それに見合った高い利率で取引されます。

多岐にわたる固定収益証券の選択肢

政府証券

米国国債、債券、および手形は、政府が発行する固定収益証券の最も一般的なタイプです。米国国債は、2年から10年の短期間で満期を迎える期間を持つものであり、債券は30年のより長い期間で満期を迎えます。これらの証券は、定められた利率で半期ごとに利息を支払います。一方、手形は1年以内に満期となる短期証券であり、利息を支払う代わりに、額面価格から割引価格で販売されます。

地方債

州、市、および郡は、主にインフラプロジェクトの資金調達を目的として地方債を発行しています。これらの債券の魅力は、連邦税の非課税状態および一部の場合には州および地方税の免除にあります。

預金証書(CD)

預金証書(CD)は、銀行が発行する比較的リスクの低いオプションであり、一般的な普通預金口座よりも高い利率を提供します。満期は5年未満であり、各CDはFDICによって最大25万ドルまで保証されています。

企業債

企業債は、発行会社への投票権や出資権がないという重要な特徴を持つ他の選択肢です。その分類は満期と信用格付けに基づいています。

優先株式

優先株式は、債券と通常の株式の中間の魅力的な商品であり、固定配当を提供し、通常は多くの債券よりも高い収益をもたらします。

固定収益証券の利点と欠点の比較

バランスの取れた投資ポートフォリオにおいて、固定収益証券は一定の収入を確保し、リスクを軽減し、市場の変動に対する保護を提供することで重要な役割を果たします。一方で、低い収益と資本の成長の鈍さを提供する可能性があります。デフォルトリスクやインフレの影響も考慮すべき要素です。

実践的な知識:固定収益証券への投資

固定収益証券の世界に足を踏み入れることは、独自の言語、ダイナミクス、そして参加者が存在する世界に入ることに似ています。それにもかかわらず、市場の変動からの保護を提供しながら一定の収益を提供する可能性があるため、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。この複雑な金融の世界を進む際には、投資選択をリスク許容度と金融目標に合わせることを忘れないでください。

企業債は、発行会社の信用格付けによって投資適格または非投資適格とされます。

米国国債と手形の実際の応用事例

同じ日に発行された10年の米国国債の利率が3.5%の場合、1,000ドルの投資に対する年間利回りは35ドルとなります。

この実践的な洞察は、利率のわずかな変動が長期的な投資利回りに大きな影響を与えることを示しています。

固定収益証券には利率リスク、インフレリスク、デフォルトリスクなどのリスクが伴います。ポートフォリオの分散化はこれらのリスクを管理するのに役立ちます。

This practical insight highlights how slight variations in interest rates can significantly impact the return on investment over the long term.

固定収益証券に関連するリスクの理解

固定収益証券は安全性があるとされていますが、無リスクではありません。最も顕著なリスクは次のとおりです。

  • 利率リスク:これは、市場の金利が固定収益証券の金利を上回る可能性があり、証券の満期前に売却すると資本損失が生じるリスクです。
  • インフレリスク:インフレ率が固定収益証券の金利を上回る場合、購買力が低下し、リターンの価値が減少する可能性があります。
  • デフォルトリスク:発行体が財務的な困難に直面する場合、スケジュール通りの利息支払いや元本の返済が行われず、債務不履行に陥る可能性があります。

これらのリスクは、ポートフォリオの分散化と潜在的な投資の徹底的な調査の重要性を強調しています。

デフォルトに対処する

固定収益証券への投資では、デフォルトの理解が重要です。デフォルトとは、発行体が債務の履行義務を果たさないことを指します。これには利息の支払いや元本の返済が含まれます。デフォルトは投資家のリターンに深刻な影響を与える可能性があり、投資する際に考慮すべき重要なリスク要素です。

固定収益証券への投資は、安定した収入源と株式に比べて低いリスクプロファイルを求める投資家にとって有益な戦略です。さまざまなタイプの固定収益証券は、個々のリスク許容度と投資目標に合わせて柔軟に選択できます。どの投資においても、潜在的なリスクや利益を含むダイナミクスを理解することが、適切な意思決定をするために重要です。

  • 固定収益証券は安定した収入源を提供し、多様化されたポートフォリオの基盤となることがよくあります。
  • 国債、債券、地方債、預金証書(CD)、および企業債など、さまざまなタイプの固定収益証券は、投資家に幅広い選択肢を提供します。
  • 固定収益証券は一定の安全性と一貫したリターンを提供する一方で、利率リスク、インフレリスク、デフォルトリスクなどのリスクを伴います。
  • ポートフォリオの分散化と信用格付けの理解によって、これらのリスクを管理し、固定収益投資の最大限の利益を得ることができます。


  • この記事をシェア
Victoria Ivanova
Victoria Ivanova
著者

ヴィクトリア・イワノヴァは、ETF、株式取引、基本分析を専門とする経験豊富な金融専門家であり、多年にわたりインベストラの読者の指針となってきました。複雑な金融市場を航海する10年の経験を持つヴィクトリアの洞察は実践的かつ洞察に富み、読者に独自の視点を提供しています。ファイナンスの世界以外では、ヴィクトリアは天文学を楽しんでおり、広大な宇宙と金融市場の機会の類似性をしばしば見出しています。


関連記事を探す