読み込み中...
バックストップ契約の概念を解明する:成功する証券の募集を確保する
9ヶ月前前 によって Gabriel Kowalski

バックストップ契約の概念を解明する

企業金融の複雑な世界では、投資家や発行者はさまざまな金融メカニズムに取り組まなければならないことがよくあります。そのような重要なメカニズムの1つが「バックストップ契約」です。この興味深いコンセプトは、証券の募集の成功を保証し、資金調達を目指す発行者に安心感を提供する役割を果たしています。Investoraによるこの包括的なガイドでは、このコンセプトに光を当て、読者がバックストップ契約の興味深い世界を理解するのを支援します。

バックストップ契約の理解

金融の専門用語に深入りすると、「バックストップ契約」とは、証券の募集中に未販売の株式に対するサポートや保護を提供するために結ばれる契約のことです。これは、発行者が募集から求める資金を確保することを保証する財務的な安全ネットとして機能します。

バックストップの概念は、資本市場に参入する発行者にとって一種の安全ネットと考えることができます。発行された証券の一部が購入者を見つけられない場合、アンダーライターや投資銀行などの主要な利害関係者がその株式を購入します。

バックストップ契約はどのように機能するのか?

バックストップ契約は、保険ではなく保証の一形態です。通常、投資銀行などの特定の組織との契約であり、未販売の株式の一定数量の購入を確約し、最低限の資金調達を保証します。

発行者とバックストップ提供者の間のこの契約は、確約引受けの取引としてしばしば言及されます。これは、バックストップ提供者が市場で未販売の株式の合意した数量を引き受け、対価として対応する資金を提供することを約束することを意味します。

この契約の効果は2つあります。市場の状況に関係なく、発行者が最低限必要な資本を調達できることを保証し、指定された株式に関連するすべてのリスクをバックストップ提供者に移管します。

バックストップ契約の性質

バックストップ契約の具体的な内容は、発行者とバックストップ提供者によって異なる場合があります。例えば、バックストップ提供者は発行者に対して回転融資を提供して信用格付けを向上させる場合があります。また、保証として信用状を発行することもあります。

ただし、バックストップ提供者が株式を取得した場合、これらの株式は他の市場取得投資と同様に扱われます。発行者はこれらの株式の取引に制限を加えることはできません。バックストップ提供者は、現行の規制に従ってこれらの証券を保有するか売却するかを選択する場合があります。

バックストップ契約の例とバリエーション

バックストップ契約は、さまざまな種類の募集で広く使用されています。たとえば、ライツオファリングでは、「企業Aは、企業Bのライツオファリングの未申し込み部分に対して最大1億ドルの100%バックストップを提供します」という発表がなされることがあります。企業Bが2億ドルを調達することを目指しているが、投資家からの調達額が半分しか集まらなかった場合、企業Aが残りの1億ドルを購入します。

この概念は、株式配当に限定されるものではありません。債券発行の場合、バックストップ契約により、アンダーライティングバンクまたはシンジケートが予め決められた価格で未販売または未申し込みの債券を購入することが保証されます。

ボルカールールとバックストップ契約

ボルカールールは、企業の商業銀行業務と投資銀行業務を分離する重要な金融規制です。このルールは利益相反や不公正な取引を避けることを目的としており、バックストップ契約に直接影響を与える規定が含まれています。アンダーライティングバンクが利益相反を引き起こすか、企業や国の金融安定性に脅威をもたらす場合、証券の引受けをバックストップすることを禁止しています。

まとめ:

バックストップ契約は、証券の募集の不安定な世界において、発行者に保証と安定性を提供する重要なツールです。これらの契約の機能と応用を理解することにより、市場参加者は金融の複雑な世界をより自信を持って理解しながら航海することができます。

証券の募集の世界では、バックストップ契約は発行者の安全網となり、資金調達の成功を保証します。株式配当や債券発行の場合においても、バックストップ契約は最低限の資金調達を保証する重要なツールです。


  • この記事をシェア
Gabriel Kowalski
Gabriel Kowalski
著者

ガブリエル・コワルスキーは優れたトレーダー、金融戦略家、魅力的なライターです。外国為替取引、テクニカル分析、広範な金融セクターで15年以上の経験を持つガブリエルは、幅広い知識を持ちます。彼は市場トレンドの鋭い分析と、複雑な金融概念をわかりやすく説明する能力で知られています。彼の専門分野には外国為替取引、市場ニュース、経済トレンドが含まれます。ガブリエルの主な目標は、読者に情報を提供し、情報を基にした賢明な金融上の決断を支援することです。金融市場を分析する時間がないときは、ガブリエルはハイキングや写真撮影を楽しんでいます。


関連記事を探す