読み込み中...
複雑なインフレーションの世界へのガイド
11ヶ月前前 によって Adrian Müller

インフレーションの解説:その意味と管理方法

金融の世界はしばしば複雑さに満ちており、その中でもっとも難解なのがインフレーションです。インフレーションはグローバルに影響を及ぼす現象であり、経済や金融に興味を持つ人々、あるいは単に自身の購買力を理解したいと思う人々にとって重要です。この記事では、インフレーションの複雑な要素に光を当て、その測定と管理、および発生しうるさまざまなタイプについて探求します。さらに、世界史からいくつかの極端なインフレーション事例も紹介します。

インフレーションの基本

単純に言えば、インフレーションとは、財貨やサービスの価格が徐々に上昇し、通貨の購買力が減少する現象です。購買力が劣化するペースは、特定の一連の財貨やサービスの平均価格の上昇として一般的に反映されます。パーセンテージとして表現すると、ある単位の通貨が以前の期間よりも少ない価値を持つことを示します。インフレーションの逆はデフレーションであり、価格が下落し、購買力が向上します。

インフレーションの解読

個々の商品の価格変更を時系列で追跡することは簡単ですが、人間のニーズは1、2つの商品に限定されません。快適な生活には、食糧、燃料、金属などの必需品から、電気、交通、医療、娯楽などの公共料金、サービスまで多岐にわたる商品が必要です。

インフレーションは、こうした多様な商品やサービスの価格変動の累積効果を測定しようとします。これにより、経済内での商品やサービスの価格水準の上昇を単一の数値で表現することができます。

物価の上昇によって一般市民の生活費が直接影響を受け、それによって通貨の購買力が低下することがあり、結果として経済成長が鈍化する可能性があります。経済学者の主流の見解は、持続的なインフレーションは国のマネーサプライが経済成長を上回る場合に発生するとされています。

インフレーションの発生

インフレーションの根源は、経済内のさまざまなメカニズムを通じてマネーサプライの増加にあります。国のマネーサプライは、次の方法で増やすことができます:

  • 市民に対して紙幣を印刷して配布する。
  • 法定通貨の価値を法的に減少させる。
  • 銀行システムを通じて政府債券を銀行から副次的市場で購入することにより、準備勘定のクレジットとして新しいお金を創造する(最も一般的な方法)。

これらのシナリオでは、通貨は購買力を失う結果となります。これがインフレを引き起こすメカニズムは、需要によるインフレ、原価によるインフレ、組み込みインフレの3つに分類されます。

需要によるインフレ

マネーサプライと信用供給の増加が、経済の生産能力よりも一般的な財貨やサービスの需要を急速に刺激すると、需要によるインフレが発生します。この需要の急増によって価格が急騰します。

個人がより多くのお金を持つと、より前向きに感じ、より多くの消費をします。それによって価格が上昇します。需要と供給のギャップが生じ、需要が高く、供給が柔軟性を欠いているため、価格が上昇します。

原価によるインフレ

原価によるインフレは、生産プロセスのインプットを通じて価格の上昇が広がる結果です。マネーサプライと信用供給の増加が商品やその他の資産市場に流入すると、あらゆる種類の中間財の原価が上昇します。これは特に主要な商品の供給に対する経済的なショックが発生した場合に顕著です。

この状況は、完成品やサービスの原価の上昇につながり、消費者価格が上昇します。例えば、マネーサプライが拡大すると、石油価格が投機的に上昇し、エネルギーコストが増加します。これにより消費者価格が上昇し、それはインフレーションのさまざまな指標に反映されます。

組み込みインフレ

組み込みインフレは適応的な期待と関連しており、人々が現在のインフレ率が将来も同様の割合で持続すると予測するという概念に関連しています。物価が上昇すると、人々は将来も同様の割合で物価が継続的に上昇すると期待するかもしれません。その結果、労働者は生活水準を維持するためにより高い賃金を要求するかもしれません。彼らの賃金の増加によって物品やサービスの原価が上昇し、片方の要因がもう一方を誘発する賃金-物価のスパイラルが生じます。

価格指数の理解

さまざまな商品とサービスの選択されたセットに応じて、価格指数として計算および追跡される商品のバスケットがあります。最も一般的に使用される価格指数は消費者物価指数(CPI)と卸売物価指数(WPI)です。

消費者物価指数(CPI)

CPIは、主に交通、食品、医療などの消費者のニーズを考慮した一定の商品とサービスの価格の加重平均を詳細に調査する指標です。

CPIは、あらかじめ決められた商品のバスケット内の各商品の価格変動を取り、それらの重みを考慮して平均を算出します。考慮される価格は、個々の市民が購入可能な小売り商品の価格です。

CPIの変動は、生活費の変動を評価するために使用され、インフレまたはデフレの期間を特定するために最も頻繁に使用される統計の1つです。米国では、労働統計局(BLS)がCPIを月次で報告しており、1913年以来計算されています。

卸売物価指数(WPI)

インフレの別の一般的な指標はWPIです。WPIは、小売りレベルの前段階での商品価格の変動を測定し追跡します。

WPIの商品は国によって異なる場合がありますが、主に生産者または卸売りレベルの商品が含まれます。たとえば、原綿の価格、綿糸、綿のグレーグッズ、綿の衣料品などが含まれます。

WPIを使用する国や組織は多数ありますが、米国を含む多くの国では、生産者物価指数(PPI)と呼ばれる類似のバリアントを使用しています。

生産者物価指数(PPI)

PPIは、時間の経過とともに国内の生産者が受け取る販売価格の平均変動を測定する指標の集合です。PPIは販売者の視点から価格変動を測定し、CPIが買い手の視点から価格変動を測定するのとは対照的です。

すべてのバリアントにおいて、1つの要素(例えば石油)の価格上昇が他の要素(例えば小麦)の価格下落をある程度相殺する可能性があります。各指標は、経済全体、セクター、または商品レベルで適用される与件の平均加重価格変動を表します。

インフレの測定方法

上記で言及された価格指数のバリアントは、2つの特定の月(または年)の間のインフレ率を計算するために使用できます。多くの金融ポータルやウェブサイトで利用可能なインフレ計算機は多数ありますが、正確性を確保するためには基本的な方法論の理解が重要です。インフレ率を計算するための数学的な式は次のとおりです。

百分率インフレ率 = (最終CPI指数値 ÷ 初期CPI値)x 100

例えば、$10,000の購買力が1975年9月から2018年9月までにどのように変化したかを判断するには、様々なポータルの表形式の価格指数データを見つけることができます。以上の式を使用して、百分率インフレ率 = (252.439 ÷ 54.6)x 100 = 462.14%。初期の$10,000が$46,214に膨れ上がり、それは1975年9月に$10,000で購入できた商品とサービスのバスケットを2018年9月に購入するために必要な金額です。

インフレーションはすべてに均等に影響するわけではありません。たとえば、新車、コンピュータ、多くの電子機器などの価格は、実際には時間の経過とともに全体的なインフレ率に比べて減少しています。

インフレーションのコントロール

前述のように、インフレーションは主に各国の中央銀行とその金融政策によってコントロールされます。国際通貨基金(IMF)によると、世界の先進国の中央銀行のうち90%以上が明確に定められた(または義務付けられた)インフレ目標にコミットしています。

金融政策の手段には、オープンマーケット操作、中央銀行の貸出施設、準備金率、および基準の連邦基金金利の設定が含まれます。

たとえば、中央銀行は貨幣供給を減らし、金利を引き上げて通貨の基盤を締め付けてインフレを防ぐことがあります。逆に、経済成長を刺激し失業を減らすために通貨供給を増やし、金利を引き下げることがありますが、それによりインフレが高まるリスクがあります。

多くの政府は賃金や価格のコントロールといった政策をインフレ対策として導入していますが、しばしば限られた成功に終わっています。

極端なインフレの例

ハイパーインフレーションとは、物価が1ヶ月で50%以上上昇する状態のことを指します。このペースでは、パンの値段は朝と昼で異なる金額になる可能性があります。

ハイパーインフレーションの最も有名な例は現代のジンバブエです。2008年11月、同国のインフレは月単位で89.7セクスティリオン%に達しました。その後政府はインフレを違法と宣言し、2009年には通貨を廃止しました。当時、1米ドルは35クアドリリオン・ジンバブエドルに相当しました。

もう1つの有名なハイパーインフレーションの例は第一次世界大戦後のドイツです。ヴェルサイユ条約によってドイツには高額の賠償金が課せられました。政府はその債務を支払うためにお金を増刷しましたが、人々の賃金は追いつきませんでした。1923年11月までに、ハイパーインフレ率は1ヶ月当たり325億%に達しました。

ハイパーインフレーションの恐れは、デフレーションの脅威がより大きい場合でも景気後退時に政府が新しいお金を発行することを制限する要因になります。デフレーションは、商品とサービスの一般的な価格レベルの減少を意味します。これはデフレーションスパイラルにもつながる可能性があります。


  • この記事をシェア
Adrian Müller
Adrian Müller
著者

アドリアン・ミュラーは経験豊富な金融アナリストであり、情熱的なライターです。彼は10年以上にわたって金融の迷宮を進み、投資、経済、市場分析の専門知識を磨いてきました。アドリアンは投資戦略に関する洞察に富んだコメントや潜在的な市場の変動を見抜く鋭い目で知られています。彼の専門分野には、株式、ETF、基本的およびテクニカル分析、グローバル経済が含まれています。ファイナンスの世界以外では、アドリアンは長距離ランニングや世界の料理の探求を楽しんでいます。インベストラでは、アドリアンは深い記事を提供し、新しい投資家や経験豊富な投資家が情報に基づいた成功を収めるためのガイドとなっています。


関連記事を探す